2010年04月15日

★サクラ

印刷通販のウェブプレス店長、安マンです!

この季節「桜」の話題は多くでてきますが、
今回のテーマはおとり・やらせ等に用いる『サクラ』

なぜ日本でも皆に愛されていて
優雅で美しさの象徴の様な花の名が
おとり・やらせの隠語になっているのか
不思議に思いますよね?

これはもともとは江戸時代に
芝居小屋で芝居をタダで見させるかわりとして
芝居の見せ場に役者に声援をかけて盛り上げる者に対して
「桜の花見は無料で見られる」というコトに引っかけて
『サクラ』と呼んだ事が始まりと言われているそうです。

この意味が広がって、
客を装って商品を褒めたり買ったりする仲間うちを
『サクラ』と指すようになったとのこと。

この春も「桜」は多くの花見客を魅了する役者でしたが
盛り上げ役の『サクラ』も花見からきていたとは・・・

日本人に古くから親しまれている「桜」
おとり・やらせ等は必要も無く
これからも多くの人を魅了するのでしょうね(^_^)

  ■■□――――――――――――――――――――
    ウェブプレス http://web-press.jp
    twitter http://twitter.com/yasumanchan
  ――――――――――――――――――――□■■
posted by 安マン at 18:59| 日記