2010年05月27日

★アユ

印刷通販のウェブプレス店長、安マンです!

昨日の26日に和歌山県の4つの河川
紀の川、有田川、日高川、日置川でアユ釣りが解禁され
この日を待ちかねていた方々が初釣りを楽しんだそうです

今年は「天然遡上」が良好といわれていて
これからの成長が楽しみと
太公望(釣り好きをこう呼ぶらしいです)も
大きく期待しているそうです

アユは1年しか生きないことから「年魚」
独特の香りがあることから「香魚」
細かい鱗から「細鱗魚」
などの漢字をあてられることもありますが
今では『鮎』という漢字が良く使われています

この鮎という漢字の由来は
アユが縄張りを独占することからという説や
神功皇后が今後を占うために釣りをした際に
釣れたのがアユだったという説などがあるとのこと

ちなみに『鮎』という漢字は
昔はナマズを指していて
中国では今でもナマズを意味するそうです

昔から地震を予言するといわれるナマズですが
占いにも使われていたのかもしれないですね(^_^)

  ■■□――――――――――――――――――――
   少部数チラシも承っております!
   http://web-press.jp/pages/syohin/syobusuTirashi.html
  ■■□――――――――――――――――――――
    ウェブプレス http://web-press.jp
    twitter http://twitter.com/yasumanchan
  ――――――――――――――――――――□■■
posted by 安マン at 19:04| 日記